ばね指

こんな症状でお悩みではないですか?

  • 指が曲がりっぱなしの時がある
  • 手のひらを押すと、痛いところがある
  • 指が曲がりづらい
  • 指を伸ばそうとすると、コキンと引っかかる感じがする

当院には、ばね指でお悩みの方が多く来院されていて、改善している事例も数多くございます。

ばね指は放っておくと、関節がどんどん硬くなり、「拘縮(こうしゅく)」という状態に陥ります。

さらに悪化すると、指を曲げたり回したりするときにカックンカックンとした音や、引っ掛かりを感じるスナッピングを引き起こすので注意が必要です。

ばね指でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

当院がばね指改善に際して大切にしている事

ばね指は、「腱鞘(けんしょう)」と呼ばれる、腱の通り道に炎症が起きてしまう事で、スムーズに腱が通過出来なくなり、痛みが出てしまう、もしくは引っかかり感が出てしまいます。

その痛みや引っかかり感をしっかりとコントロールして、早期に痛みを取り除く事がなによりも大切です。さらに再発防止のための改善法を提案しています。

つらい状態から解放される事、更に再発を防ぐという事を大切に、患者様ひとりひとりに合ったオーダーメイドの施術を提案しています。

これまでばね指に対し、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科では、レントゲン撮影後に骨に問題がなかった場合、電気治療と痛み止めや消炎鎮痛剤を処方されて、様子を見るという事が一般的で、患者様からもよく耳にします。

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などでばね指が改善される場合もありますが、実際には、

・痛み止めが効いている気はするが、痛みは残っている

・施術をしても、痛みは変わらない

・クリームでのマッサージや、電気を掛けて終わりという事もあった

といった悩みを抱いてしまう方も多くみられます。

当院でのばね指に対するアプローチ

まずは「腱鞘(けんしょう)」と呼ばれるトンネル部分の炎症を、超音波治療器により施術します。人間の身体は、刺激を加えると早く回復に向かう性質があるので、しっかりと超音波治療器で刺激を加えていくと共に、周りの組織をしなやかにしていきます。

その後、運動療法にてスムーズな動きを取り戻していきます。

患者様ひとりひとりに合った方法を提案させて頂きますので、ばね指の症状でお悩みの方は、当院までご相談ください。