足関節捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 足を捻って痛みが増してきた
  • 足首回りが腫れている
  • 歩くのが困難になっている

当院には、足関節捻挫でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

スポーツ中、日常生活中に捻挫をしてしまい、それを放っておいてしまうと、足関節の炎症が起きやすくなったり再発のリスクが高まってしまいます。

足関節捻挫でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

当院が足関節捻挫改善に際して、大切にしている事

足関節捻挫を改善する為には、今感じている痛みを抑える事はもちろん、日常生活動作が難なく出来る様、一秒でも早く施術する事がとても大切です。

痛みから解放される事、更に再発を防ぐという事を大切に、患者様ひとりひとりに合ったオーダーメイドの施術を提案しています。

これまで足関節捻挫に対し、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科では、骨に異常がなかった場合、電気治療や消炎鎮痛剤を処方した後、様子を見るという事が一般的で、患者様からもよく耳にします。

・湿布だけ貼ってそのままにされた

・腫れ自体は引いたが、体重をかけた時の痛みが残る

・運動すると捻った部分に違和感がある

といった悩みを抱いてしまう方も多くみられます。

当院での足関節捻挫に対するアプローチ

激しいスポーツの中での怪我はつきものです。

だからこそ捻挫をしてしまってからの処置がとても重要です。

急性の処置にはRICE処置というのが原則です。

R…REST(安静)

I…ICING(冷却)

C…COMPRESSION(圧迫)

E…ELEVATION(挙上)

を行います。

包帯での圧迫固定も、生活しにくい程の固定はせず、短い包帯で負担のないように、且つしっかりとした固定を行います。

固定後の回復のために超音波治療や痛めたまわりの組織回復での筋肉調整を行います。

患者様ひとりひとりに合った方法を提案させて頂きますので、足関節捻挫の症状でお悩みの方は、当院までご相談ください。