オーバーユース症候群

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 運動できない事がストレスになってしまう
  • 運動のし過ぎで、痛みが出てしまった
  • 病院に行ったら「使いすぎ」と言われた

当院には、このような症状でお悩みの方が多く来院されていて、改善している事例も数多くございます。

オーバーユース症候群は、スポーツをしている方に非常に多く、その痛みだけでなく、思うようにスポーツができないことがストレスになってしまう辛い症状です。

オーバーユース症候群でお悩みの方は、一人で悩まずに是非当院にご相談ください!

当院がオーバーユース症候群改善に際して大切にしている事

オーバーユース症候群を改善する為には、今感じている違和感を抑える事はもちろん、運動量のコントロールをしていく事が重要です。

使いすぎにより出てきてしまっている症状なので、そのまま競技を続けてしまうと、今後その運動を制限しなければならなくなってしまう危険性があります。

痛みから解放される事、更に再発を防ぐという事を大切に、患者様ひとりひとりに合ったオーダーメイドの施術を提案しています。

これまでオーバーユース症候群に対し、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科では、痛みのある部位に注射をする、湿布を貼って安静にするという事が一般的です。

あるいはマッサージ屋さん等に行き、辛い時に辛い部位だけマッサージをして、その場だけしのぐといった様な事を患者様からよく耳にします。

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などでオーバーユース症候群が改善される場合もありますが、実際には、

・その時は良くなるが、すぐまた痛くなる

・運動を再開するとまた痛みがでてしまう

・マッサージをしても少し時間が経つと、また戻ってしまう

といった悩みを抱いてしまう方も多くみられます。

当院でのオーバーユース症候群に対するアプローチ

オーバーユース症候群は、その名の通り「使いすぎ」な事が一番の原因です。

まずは運動量をコントロールするという事が大切です。

また、筋肉の緊張が強くなってしまう事で違和感や痛みを引き起こしているので、筋肉調整や鍼灸治療により、筋肉の緊張を取り除きます。

インナーマッスルの筋力低下も大きな原因のひとつなので、筋力トレーニングの為にEMSを行い、筋力アップを図ります。

患者様ひとりひとりに合った方法を提案させて頂きますので、オーバーユース症候群の症状でお悩みの方は、当院までご相談ください。